2020年01月25日

West Express 銀河の詳細発表

お久しぶりです。
ただ今本郷ではNJさんの送別会が行われているはずですが、参加メールが迷惑メールに入っていたために今日まで全く気付かなかったヤブコージです。悲しみ

さて、それとは裏腹に(?)、JR西日本から、新しい特急列車、『West Express銀河』の運行が遂に発表されました!鉄道ファンとしては楽しみなところはあります。

しかしチェスブログなのになぜ鉄道の話なのかと言いますと、

この『West Express 銀河』にはなんと車内にチェス盤がある!!!

しかもテーブルに埋め込まれたチェス盤が!
つまり、流れゆく景色を見ながら安定した盤の上でチェスが指せます!
写真はページ下部の参考文献を参照

公園や街中でチェス盤が埋め込まれたテーブルは、ヨーロッパやアメリカ各地の公園にありますが、特急車内というのは恐らく世界でも初ではないでしょうか。
誰かやろうぜ(唐突)

以下運行詳細です。

【運行開始日】2020/5/8

【運行区間】2020年9月まで:京都・大阪〜出雲市(夜行)
      2020年10月から:大阪〜下関(昼行)

west express.png
(移動ルートは予想です)

【座席】普通車指定席・普通車グリーン席・グリーン個室の3種

ちなみに気になるお値段は、普通車指定席であれば特急料金のみで行けるので、大阪出雲市間であればおよそ1万円(サンライズ出雲参考)と思われます。同じ特急でJR西日本がやっている超高級の『瑞風』がありますが、こちらとは異なりリーズナブル!

つまり、
チェスを指せるスペースと寝られるスペースがあり、かつ大阪から出雲まで移動できて1万円
これは神ですよ、神

あるいは下関まで行ってフグを食べ、そのまま九州行ってしまうのもいいですね!

なんとしてでもどこかで乗りに行きたいです!
ちなみにほかのボードゲームもあるようです。

ではでは

【参考文献】
JR西日本プレスリリース
https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15269.html

乗り物ニュース
https://trafficnews.jp/post/93256
posted by やぶこーじ at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

将棋カフェCOBINに行ってきました

お久しぶりです。やぶこーじです。最近涼しくなってきましたね。ずっとこのくらいの気温だと良いんですが・・・

さて、今日は1日空いていたので、前々からtwitterで見て気になっていた、将棋カフェCOBINに行ってきました!

新宿で用を済ませて昼下がり。大久保駅で降りて歩きます(公式HPには無いですが、東中野からの所要時間と大きくは変わらないようです)。
歩くこと10分ちょい。早稲田通り沿いにそのカフェはありました。入り口はなかなかオシャレです。

DSC04443.JPG

中はカウンター席とテーブル席がありました。
1ドリンク制で休日は大人2000円(学生1500円)、平日は大人1500円(学生1000円)のようです。
ドリンク注文ののち、棋力を申告します。荻窪将棋倶楽部で二段認定されていたので、二段で申告しました。

まずはカウンターで行われていた感想戦を見たうち、対局をしました。

1戦目(1級の方)

1戦目の方の序盤は角交換四間飛車。後手番。いつもやっている3七銀(今回は7三銀)からの対抗形で行きます。角交換ののち、筋違いとなる5四の角を打ち、それを活かして相手の飛車先を押さえ、その後は押して勝利!初訪問の初戦を勝利で飾れてよかったです。

2戦目(四段の方、おそらく店長)

2戦目の方は四段の方!それまでの話を聞いている限り、どうもCOBINの店長の方のようです。さっそく試合開始。今回は1手30秒。格上相手かつ苦手な早指しですが、頑張ります。三間飛車にしてきたため、こちらは居飛車で対抗します(まぁ居飛車党なので)。
不利になりながらも死にかけの角を転回させて活躍させ、なんとかごまかしますが、最後攻めきれずに負け。感想戦では、こちらの勝ちの筋があったことが分かり、なんとも惜しい結果となりました。

3戦目(初段の方)

3戦目の方は初段の方。振り駒で僕が先手番。時間は10分30秒(※フィッシャーモードではないので、10分使い切ったのち1手30秒以内に指す)。序盤は相掛かり。相手が8四飛に引き、中段で構えます。こちらは棒銀で攻め、途中見落としから角と金銀の2枚換えを食らいますが、竜を守りに使い、粘って攻めを切らし、どうにか勝利。非常に辛抱のいる試合でした。


最初は少しだけいるつもりが、気が付いたら3試合して4時間もいてしまいました(笑)。どの勝負もしっかり感想戦までできて、将棋の足りない部分をまた認識しました。一方で昔より辛抱強く指せてるなと思うところもあり、衰えてはいないなと安心しました。

一息ついて、店内を見るとやっぱりその明るさが印象的です。

DSC04444.JPG

DSC04445.JPG

また、カフェにいた人も、比較的若い人が多かったのがまた印象的でした。従来の将棋道場とかですと、どうしても年配の方が多くて若い人は入りづらい・・・といった話も耳にしますが、ここは若い人も初心者の方も行きやすいんじゃないかと思います。また、中上級者(段クラス)の方も楽しめると思います!

対局だけではなく、詰将棋解いている人や、他のボードゲームをしている人もいて、緩い感じもまた良いなと思いました。

時間があればまた行きたいですね!最近久しく将棋指してないな・・・という人も行ってみると良いのではないでしょうか。あとチェス勢で将棋に興味がある人も・・・

ではでは
ラベル:将棋
posted by やぶこーじ at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

クラブチーム選手権 その2

そして、迎えた最終ラウンド。

遂に来てしまった・・・1番ボードに・・・
DSC_0920.JPG

Final Round -VS Hさん(Osaka Knights)

最終戦の相手は大阪クラブのキャプテンでありレート2049のHさん。大阪クラブは昨年のクラブ選手権の覇者です。流石に雰囲気も違ってきます。ちなみにHさんは昨年、ICCTで当たったことがありますね。その時は敗北でしたが、リベンジしたいところ。

そして試合開始。僕が黒番です。
オープニングはシシリアンドラゴン、そして逆サイドキャスリングです。はるか上相手にこの展開は、僕として非常に燃えるものがあります。そして12手目。

12.g4まで
6R.jpeg

この手はあまり良くなく、黒が12...b5と突けてしまいます。13.Ncxb5には13...Nxf3 14.Nxf3 Bxb5となり、黒の駒がアクティブになるのでb5のポーン取れません。そこから徐々に形勢を良くしていきます。

20.Bd4まで
6R-2.jpeg

最初は取ろうかと考えましたが、黒のキング周辺が乱れている状況で白Qにd4に来られると不利になると考え、黒はd4絶対死守の方針を取ります。たとえポーンの形が乱れようとも。
そして、黒が唯一緩手だと思った指し手がこちら。
22.Rf2まで
6R-3.jpeg

ここで、b3のナイトを狙おうと22...Be6としました。aファイル開ければ勝勢になるだろうと。しかし23...Qb7としてe5を狙いつつ、Ra8-Qa6を狙う方が強力でした。

そして26.Qe7と一旦引いた場面。
6R-4.jpeg

ここで、本譜は26...Bc3としました。d4を死守とか言いながら、黒はビショップが取られるので、exd4とやりづらく、この絶妙な位置に白の居座りを許している状態でしたが、ここで解除されました。ここでのポイントは、ビショップによりa7が抑えられているかどうかです。。黒のQa7を遅らせることにより白も立て直すチャンスがありました。

そこを突き、攻勢を強め、黒はとうとうエクスチェンジアップします。31...Rxa7まで
6R-5.jpeg

ただエクスチェンジアップとはいえ、白はパスポーンがあるうえ、黒はすべてのポーンが孤立という状況なので、油断なりません。相手は2000オーバー。そうやすやすと勝たせてはくれませんから、再度気合を入れなおして慎重に手を運びます。

そして筋肉場面。41.c5まで
6R-6.jpeg

ここで41...Rxh2とするとポーンがプロモーションできず、黒の優位が失われてしまいます。先にf2とし、ビショップを抜き取って最後の仕上げに入ります。
あとは白のポーン攻勢を慎重に読み切り、無事勝利!!

終わってどっと疲れました…。しかしICCTのリベンジを果たせて良かったです。
検討戦の時、隣で検討していたScottさんに「格上相手にドラゴンとは、勇敢なオープニング選ぶね!」としきりに感心されました(笑)

棋譜はこちら


チームはドロー。それまで全勝の大阪クラブを止めました。



試合後は検討室で筑波で久しぶりに会うよっしーやニファンさん(!)達と話したほか、Sさんと北海道の話をするなどしてました。クラブチーム選手権は普段大会に出ない方も出たりするので、いろんな人と話せるのはこれまた楽しみの一つです!
DSC_0919.JPG

表彰式。
優勝は「8x8 Blunders」でした、おめでとうございます!後で気づきましたが、僕の6Rの勝利が大阪のチーム勝利の可能性を消し、8x8の優勝を確定させたようです。本郷チームは4位でしたが、8x8も良く行くクラブなので、間接的に貢献できたならそれまたそれで良かったです。

あとは打ち上げに行き、To Be Announcedチームや大阪チームと一緒に飲んでました。

今回はなかなか調子が出ませんでしたが、終わりよければすべてよしということで結論としたいと思います。
運営、選手の皆様、大変お疲れ様でした。来年はより多くのチームが出ると良いですね。

ではでは
posted by やぶこーじ at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする