2014年11月29日

羽生 VS カスパロフ 〜東洋の伝説と知の皇帝の激突〜

こんばんは!

本日2014/11/28、日本東京の地で、チェス界・・・のみならず将棋界も注目の対局が行われました!
対局者は次のお二人です

日本将棋界最強にしてチェスも日本トップクラスの実力を誇り、もはや伝説と言っても良い
羽生善治
さん

VS

元世界チャンピオンにして現在も世界TOP10に入ると目される、チェス大国ロシア出身の
ガルリ・カスパロフ
さん

場所は都内某所。中継はニコニコ生放送のみで、白黒の入れ替えの2戦が行われました。開始は28日午前10時。午後10時と間違えて悲鳴あげた人もいたらしいですが

僕は本来金曜にある卒論会議が奇跡的に今週だけ木曜になったので、かなりの時間をリアルタイムで見ることが出来ました!ただ昼飯時は来客があって一部見れなかったのですが・・・。

しかし対局者の豪華さもあってか、演出もすごかったですね。
対局開始した瞬間↓

対局開始.png

その演出、まるで城の中にいるよう。またBGMも緊張感をそそり、視聴者としては非常に楽しめました。

そして休憩を挟んで2戦行われました。

結果はカスパロフさんが2勝で見事勝利!
1戦目はオープニングでできた弱点をカスパロフさんが見事に攻め、勝利。
2戦目は羽生さんがキング上空から猛攻を仕掛け、エンドゲームまで互角に持ち込むもここでカスパロフさんの凄まじい手が炸裂。一見ドローにしか見えない局面から予想もしない手を指し、わずか数手で勝ち確定にしてしましました。見ていてエンドゲームの恐ろしいほどの強さに震えました。

ここで1戦目の棋譜を載せておきます(解説で言われた変化をなるべく乗っけたつもりです)。



2戦目の棋譜はこちら。解説をすべて拾うことは出来ませんでしたが・・・(というかエンドゲームの検討戦が放送されなかったのが残念)



また、チェスコムにはより詳しく書かれた記事があるので見てみることをお勧めします(すべて英語)。

1戦目:http://www.chess.com/blog/juniortay/a-kasparov-masterclass
2戦目:http://www.chess.com/blog/juniortay/a-kasparov-masterclass-part-2

かくしてカスパロフさんが強さを見せ勝利したわけですが、検討戦における羽生さんの笑顔が印象的でした。学ぶことが多かったのでしょうか、視聴してる方も検討戦の様子が非常に楽しいのを見て、検討戦は良いなぁと改めて思いました。

また、個人的にはその後のインタビューで、カスパロフさんが
「コンピューターの方が人間より強くなり、ツールとして使うことが多いが、今の若い棋士はコンピューターの奴隷のようになってしまってはいないか、創造性のある手は古典的な棋譜を探ることにより生まれるのだ」といったことを言っていて、あらためてチェスや将棋を指す者としてコンピューターとの付き合いを考えていかねばならないと思わされました。

興奮冷めやらぬ状態でうまくかけていませんが(笑)、とりあえず一旦この記事はここで締めます。
対局者であるカスパロフさん、羽生さん、解説の塩見さん、藤田さん、アービターの小島さん、通訳の南條さん、本当にお疲れ様でした!このような世紀の1戦が実現したことについてしがないチェスプレーヤーとしてうれしく思います。
また、これをきっかけにチェスに興味を持つ将棋ファンが増えたらうれしいなと思う次第です。

ではでは〜
タグ:チェス 将棋
posted by やぶこーじ at 00:07| Comment(0) | チェスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

学園祭第4弾 - 三田祭

おはようございます。珍しく午前の投稿。
もう11月も終わりに近づき、いよいよ12月ですね。もう今年も終わってしまうのか・・・

さて、先週末11/22に、慶應の三田祭に行ってきました!三田祭でもKUCCがチェス企画を出しており、それを見に行ってきました。

チェスカフェの形式をとっており、内装はこんな感じ。
DSC_2930.JPG

例年通り、スペースもとれていて、広々としていいですね。着いたときには慶應勢のほかにおりがみ、つくばのよっしーがいました!まあ誰かしらいるだろうと思ってはいましたが・・・(笑)

そしてここの特徴である、紅茶とお菓子を注文します。

メニューとお菓子
DSC_2932.JPG

ロシアンティー(アップルフレーバー)とクラッカーを頼みました。4枚あるのは一緒に注文したよっしーがクラッカー食べれなかったので頂いたからですね。
ロシアンクラッカーマシブログとか唱えたわけではない

やっぱりチェスを指しながらの紅茶はなかなか良いですねー。んまい。去年はジャムみたいなのが紅茶に入っていた気がしますが今年は林檎の果肉がすこし入っていたようです。味が違うからかな。

KUCCの1年生と指したりしているうち、人が徐々に増えてきました。規模が大きいだけあってなんだかんだ人が来ますね。M.Hさんもいらっしゃいました。
DSC_2933.JPG

特に印象的だったのは初心者の女性二人組がお互い指しながら盛り上がっているところでした。指す様子を横で見ながら教えていましたが、なんといってもテンションが非常に高かったですね(笑)。不利な時は考えてる人が有利と言われた瞬間に相手を煽りはじめるのは見ていて楽しかったです(笑)。しかもエンドゲームにもつれ込んでRvsBPという難しめの場面に。結局BP側がB落としたもののR側がRとPを交換し、双方キングのみになってドローでした。
二人組で来ていたらその二人でチェスを指せるようにするのがベストなのかなと思わされました。カウンター形式だとそれがやりにくいのが難点。

また、初心者詐欺ならぬ中級者詐欺にえんがわが遭っていたのも面白かったですね。ご夫婦でいらして、男性の方がえんがわと指したのですが、

指す前
男「最近チェスをやっていなくてですね〜」

えんがわ、対局するも男性のエンドゲームが正確で敗北を喫してしまう。

指した後
男「ここ20年くらいやっていなくてですね、昔はレート2200くらいあったのですが・・・」
一同「!?

まさかの2200に驚き。しかも20年前の2200って多分今より強いと思われます。当時の日本トップクラスでしょうか。残念ながらお名前を聞きそびれてしまいましたが、それほど強い人なら昔から指されていた方はだれか分かるかもしれません。KUCCのOBではないかという説がありますが・・・。
しかし、中級者詐欺とは新手ですね、年配の男性には特に注意した方が良さそうです(笑)。

そして気が付いたら6時が迫り、いつもどおり他の企画には行けなかったとさ。将棋部行きたかった…。最後にリレーチェスをして帰りました。

今年もいけてよかったです。特に1年生と交流をできたのが収穫でした。来年行けるかどうかは分かりませんが、もし行けたら行きたいですね。

そういえば、23日の夜にニコ生でchess herozというチェス対局アプリの宣伝があり、そこでKUCCの宣伝もされていましたね。24日はどんな様子だったんでしょうか…(笑)。またこのアプリについては別の記事で書こうと思います。

ではでは〜
posted by やぶこーじ at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

スカイオープン

引き続き更新と行きますよー。
11/9、僕は文京区シビックセンターで行われた、大江戸チェスの会主催の「スカイオープン」に参戦してまいりました。スカイオープン、かっこいい名前ですねー。そもそも"スカイ"って付くと結構かっこよくなったりしますね、スカイダイビング、スカイライン、スカイライナー、スカイアッパー、スカイスキンとかがすぐ思いつきますがどれも良いっすね(雑)。

一方で直訳すると「空開き」。海開きかよと言いたくなりますが・・・。

前置きはこのくらいにして、久しぶりの45切れ勝負。いつものように目標1ポイントで臨みます。参加者は学生も多かったですが、社会人の方も多かったように思えます。TUCCから3人出ていました。また、子供たちもいましたね。

というわけで対局をざっと振り返ります。

1st Round - VS K君(小学生)

まず初戦は小学生のK君。確か大江戸チェスのハロウィンにも出てたと思いますが、当たるのは当然ながら初めて。試合はフレンチになるか?と思いきや相手がブランダーを連続してやってしまい、あっさり決着がつきました。

そして昼ご飯は近くのローソンまで買いに行きました。シビックセンターの中意外と何もない・・・。

2nd Round - VS 馬場さん

2戦目は"Behind the Scene"のブログを書かれていることでも有名な馬場さんが相手。参加者の中でレート1位ですね。強い方と当たると勝っても負けても勉強になるので、当たったのは非常に幸運でした。
僕が黒番でオープニングはSicilian Dragon。レート差は600ですが、切れ負けということもあってか馬場さんも僕の悪手を咎める手を見つけられなかったりして、最後までもつれこみました。そしてなったのがこの局面。

次何を指したいと思いますか?

スカイオープン.jpg

この局面(黒番)を見て、次の手で、咄嗟に何を指そうと思うかが最大のポイントでした。
僕は一直線にキングを狙おうと
43...Nd5
と指しました。Nxc3を狙った手で、一直線にキングを狙いますが、これが悪手。44.Qxe5+ Kh7 45.Ne4
で完全にc3を守られ、逆に黒キングは守るすべがなく、負けてしまいました。
どうやら正解は43...Re2。e5のポーンは何が何でも取られてはいけなかったという結論でした。これなら黒キングへのチェックは入らず、交換に持ち込めばエンディングで勝てるだろうという計算ですね。
しかしこの状況は残り50秒。馬場さんも2分切っていた気がしますが・・・。直感で何が最初に浮かぶかで勝負が決まるという、まさに実力を表したものだったと思います。
2200台相手に良い勝負ができたのは非常に収穫ではありましたが、これとれなかったのは正直悔しいところで、次のアプセットを取るモチベにでもしていこうと思います。

3rd Round -VS E君

3戦目は大江戸チェスの会のハロウィンにも参加し、優勝していたE君。彼がどのくらいの実力があるのか気になっていただけに、今回当たったのはこれまた幸運でした。彼は僕のことを最初覚えていませんでしたが、その時着てた服について、「赤と白の・・・」と言った瞬間に思い出してくれてよかったです(笑)。
オープニングは普通のルイになりましたが、途中でE君がナイトフォークを見逃すブランダーをし、それを咎めて勝ち。それが無ければいい勝負だったので、彼がこれからどうなるのか非常に楽しみなところです。
ただ検討しながら話してると、中高生にとってチェスを続けるのが難しいみたいな話になり、「チェス続けられればいいんですけどね…」という話題になりました。チェス部はほとんど無いので難しいですが、大学のサークルに行く手もあるよということでCarolの例を出し、ちゃっかりTUCCにおいでよと言っておきました(笑)。

Final Round - VS えみぃさん

最終戦は熱狂的なAnandファンで有名ツイッタラーでもあるえみぃさん。今までお会いしたことがあって何回か話した覚えがありますが、対局するのは初めて。そもそも何を指してくるのかもわからない状況でしたが、スタート。僕が黒番で、オープニングはBenko Gambit。
最後はキング上空からQRBによる集中攻撃をし、勝利。無事勝てて良かったです。

結果は3.0/4.0でした。目標は達成しましたが、さらにもう少しポイントを取れる実力になりたいですね。

景品の数々
DSC_2876.JPG

パズルからネクタイまで、普段では無い景品ですね。

1位は3.5で5人。おめでとうございます!我らが本郷チェスの会の会長も写っています。

DSC_2877.JPG

僕は結果は8位で、景品としてCQさんデザインのネクタイを頂きました!
模様はこんな感じ↓
DSC_2878.JPG

駒場祭にでも着けようかな。一番欲しかったので手に入って良かったです。

今回もハロウィンに続き、非常に楽しめました!対局もさることながら3R終了後はハロウィンに来ていた子供たちに絡まれ、4R終了後はお茶女行ってたTUCC勢がやってきて騒ぎ出したりと、これまた面白かったですね。またニキを特定することもできましたし。

運営の上原さん、太田さん、またスタッフのあべた、デザインのCQさん、縁の下の(ryであるきっしー、お疲れ様でした。
その後は打ち上げに行き、愚痴や裏話などを聞いていました。

最後に写真でも載せておこうと思います。
続きを読む
タグ:チェス 大会
posted by やぶこーじ at 00:45| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。