2015年08月02日

北千住例会

超絶久しぶりです。試験レポート発表修論ゼミが一段落したやぶこーじです。

去る(というには長すぎる)7月11日、松戸チェスクラブ主催の北千住例会に行ってきました!初めてです。研究室が柏になり、片道2時間都心貫通の闇の定期を手に入れた者にとって北千住に行くことなぞ造作もない・・・。

というわけで行ってきました。場所は北千住駅から徒歩10分ほどのところにある東京芸術センターの建物で行われました。9階の部屋だったので、会場からはなかなか良い景色が見れました。

その日の参加者は途中から来たつたゆっきーさん含め7名。普段はもっと多いらしいのですが、新潟チェス大会と日が被っているので少なめでした。

写真を撮り忘れたのでありません。悪しからず。

というわけで対局報告時間は45分15秒の変則となります。

1st Round - VS Sgmtさん

初戦の相手はSgmtさん。お名前は以前からうかがっていて、2000overの強豪と聞いていたので、当たれたのは幸運でした。対局の棋譜は以下のようになります。僕が白番。



結果はドロー。2000over相手にドローは良いことではありますが、今回は勝てそうな局面がドローになったので悔しいところでありました。決定的な局面はこちら

2015北千住.jpg

22...Rhd8まで。ポジション的には白が良いのですが、この先どのようにその良さを活かすか。
本譜は
23.Rh4? e5!

2015北千住1.jpg

となり、弱点のポーンを捌かれたうえQ交換を避けがたくなり、ドロー濃厚となりました。この手を完全に見落としてました・・・。

ではどうするか。普通にe5、e6に圧力をかけつつピンを外す
23.Qe2で良かったでしょう。
その後Re1から圧力をかけ縛りつつQを動かしていく展開に持って行くべきでした。そうすれば働きの差もあり優勢を保てていました。
仮にe5が見えなかったとしてもQ交換に持ち込むのは流石に作戦としてはまずい。時間無くともその判断はできるようにしていきたいです。

上からドローは取れるようになっても勝ちきれないのはこの辺りに原因があるのかと思わされました。

Final Round - VS Fさん

次の相手は1200くらいの仮レートのFさん。多分レートは当てにならないだろうと思いつつ…。久々にQGDになったのですが、途中どう見ても勝ちの手を見落としてしまい、その後もミスを2回くらいし、ドローに。頭を抱えたくなるような試合でしたorz。普段は立ち止まって考えるのにこの時はそれをしなかったのが良くなかったか。次は勝てるよう頑張ります。

例会なので2戦で終了。しかし参加者に社会人の方が多いからか、自分の試合が終わるとさっさと帰られ、打ち上げが無いのが印象的でした。僕も明後日に試験が控えていたので終わった後はまっすぐ帰りました。

------------おまけ-------------

千代田線北干住問題

北千住.jpg

この画像をご覧ください。テレビやネットでご存知の方も多いと思いますが、千代田線の北千住駅の駅名標が微妙に違います(笑)。
○北千住
×北干住

いくら漢字が似ているにしても何故間違えてしまったのか…。僕はデザインは全然わからんのでどういう工程で間違いが起きたのか分かりませんがなかなか面白いですね。
東京メトロがシールで応急処置をしたそうですがせっかくなら半年くらい残しておけば名物になったかもと思いました、まる
posted by やぶこーじ at 22:06| Comment(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。