2016年01月26日

チェスボードテーブル(?)のあるカフェへ行ってきました

こんにちは。早くも2016年の最初の月が終わろうとしていますね。学部1,2年生は試験でヒーコラ言ってると思いますが、頑張って無事単位を取ってしまってください。

1月×日、都内某所―――――

僕は、ある謎を解いていました。今は詳しく言えませんが、その冊子の中にいくつかカフェが載っていました。そして、とあるカフェに載っている写真を見たとき、「こ、これは・・・!」と思いました。
その名前は『室町タバーン』。
ネットで調べるとこんな感じで出てきます↓

タバーン.png

中央下部の写真を見ると、何とチェス盤らしきものがある!置き方は椅子から見て右下が黒なのが気になりますが、ここでチェスできないかと言う考えが頭に浮かび、TUCCのQuとKさんとrumと共に、昨日25日に、店のある三越前に突撃して参りました。はたしてチェスをここで指すことができるのか。
ちなみに駒は木製のを2組TUCCから拝借しました。

そして入店。

DSC_1332.JPG

テーブルはこんな感じでした。右下は黒。まずはおなかが空いているのでご飯を各自注文し、食べました。僕はピッツァ。

DSC_1333.JPG

いろいろ話をして食べ終わった後、いよいよ店員さんに尋ねます。

僕「すみません、僕らチェスサークルの者でして・・・」
店員(ほう?)
僕「お店の写真を見たときにチェスを指したいと思ったのですが」
店員(苦笑)
僕「指しても良いでしょうか?」
店員「どうぞどうぞ(本当にやるんかい)」
僕(やったぜ)
Rum「チェスの時は右下が白なのでテーブルを回転させても良いですか?」
店員「(笑いながら)どうぞどうぞ、片づけておきますね」

()の中はおそらく店員さんこう思っただろうなーというのを表情から推測しただけですが、笑いながらも許してくださいました!ということで早速駒を取りだし、指してみます。

初期配置(中央上部から)
DSC_1334.JPG

初期配置(斜めから)
DSC_1337.JPG

僕はQuと対局しましたが、後半で紅茶を注文し、それと共に。
DSC_1342.JPG

写真が下手なのは仕様です、すみません。
テーブルに描かれているチェス盤の上で指すのがすごく新鮮で、非常に楽しかったです。店内の写真を撮り忘れてしまいましたが、ガチガチフォーマルな雰囲気ではなく、ゆっくりできます。

存分に満喫した後はテーブルの向きを戻し、帰りました。

と言うわけでこの『室町タバーン』ではチェスが指せる!と言うことが分かりました。

場所は東京メトロ銀座線半蔵門線三越前下車すぐ(銀座線の改札から出るとほとんど目の前、外に出る必要もない)。半蔵門線、JR新日本橋駅からは駅の構造上少し遠いです。

あとテーブルが木であったり雰囲気からして駒はおそらく木製がベスト。プラスチックのは合わなさそうなので推奨しません。

あとは、
・ミスっても大声を出さない
・割と静かなので時計を使った試合は控える
・大人数で利用する場合はあらかじめその旨を伝えておいた方がい

というところですね。数人で指すもよし、お二人で指すもよし、一人で行ってカフェで研究なんてのもありかもしれませんね。
とにもかくにも日本にあるカフェで一番チェスを指すのにピッタリな場所だと思うので、ぜひ一度駒を持って行ってみることをお勧めします。

突撃の訪問でチェスをさせてくださいなんていう奇妙なお願いをを許してくださった『室町タバーン』のみなさん本当にありがとうございました。

ではでは
ラベル:チェス
posted by やぶこーじ at 12:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

完全なるチェックメイト -PAWN SACRIFICE- 視聴感想

こんにちは。今日は一気に冷えましたね。都心でも初雪が降ったそうで。

さて、先月25日に公開された、『完全なるチェックメイト』を昨日TUCCメンバーと一緒に観賞してきたのでその感想というか、思ったことを書こうと思います。

以下ネタバレ注意

続きを読む
ラベル:映画 チェス
posted by やぶこーじ at 13:00| Comment(0) | チェスネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

世界の将棋大会に行ってきた

またまた更新します。

学生選手権が12/27,28とオリセンであったわけですが、その翌日に同じ会場で行われた、『世界の将棋大会』なるイベントに行ってきました!2014年にその存在を初めて知ったのですがその時はすでにバイトをいれていて行けなかったので2015年こそはということで行ってきました。

ご存知の通り世界にいくつか将棋やチェスの仲間と言えるボードゲームが存在します。有名どころで言うと中国将棋であるシャンチーでしょうか。しかし他のゲームもできるということでやってきました!

参宮橋駅を降り、学生選手権と同じく会場に向かいますが、「これほど穏やかな気持ちでオリセン行ったのは初めてではないだろうか…」としみじみ。学生選手権に向かう時の精神状態は普通じゃないですから。
昼時だったので昼ご飯食べてから会場へ。

入ってみるとOtaさんやピノーさん、千葉チェスクラブ会長や青嶋四段と、チェス勢も結構いて少し安心。
入ると手合い表みたいなのを渡され、載っている名前の人と希望に応じて対局します。選択肢はチェス、シャンチー、チャンギ(韓国将棋)、マークルック(タイ将棋)の4つがあり、僕は後者二つをやりたかったのでそれぞれ1局ずつ計2局さしました。

1st Round - マークルック

初期配置は↓

DSC_1229.JPG

見た目将棋っポイですが、チェスと同じく取った駒は使えません。また駒の動きは将棋の方が近いですね。なんというかチェスと将棋が何とも言えない感じでごっちゃになっているので指し始めのときはだいぶ混乱しました(笑)。

試合は右下と左下にあるルアー(飛車・ルークと同じ動き)を縦に二つ重ねて、マー(ナイトと同じ動き、馬の形)と絡めて強行突破し、相手の飛び込んできたマーをトラップしてただ取りして、あとはチェスのエンドゲーム同様じわじわと追い詰めて勝利。ルール知っている方に教えていただいたのですが、まさかの勝利という結果で終わりました。チェスのエンドゲームの割に駒弱いし一番弱い駒だけプロモーションできますがしたところで斜め4マス行けるだけだし・・・という何とも言えない展開となりました。

2nd Round - チャンギ

チャンギとは韓国将棋のことで、見た目は非常にシャンチーに似ています。

DSC_1238.JPG

ただ象や砲の動きが違ったり、兵(卒)が初ターンから横にも動けたりと、いくつか違う点も見られました。というかその違いのせいで最初は混乱しました(笑)。初めてやるボードゲームはワケワカラン状態だから逆に楽しいですね。

このゲームもルール知っている方に教えてもらったのですが、詰めろ(メイトスレット)をかけて気付かれないよう祈っていたら気付かれなかったので詰まして勝利。よく分からん状態ではtacticsは正義ですね。

結果は両方初めてやるゲームでしたが両方勝利という奇跡的なものとなりました。いやー楽しかったです。

閉会式があり、そのあと帰り際にチャンギのセットと本を頂きました。

本(ハングル文字読めないけれど…)

DSC_1237.JPG

チャンギ盤は裏が囲碁盤となっておりサイズは大きく、持ち帰るのが大変でした。

以上がレポとなります。普段プレイしているゲームとまた違ったゲームをやるのも頭の体操になって面白いです!

これでうちにあるゲームは
将棋
チェス
囲碁
シャンチー
チャンギ←New!

となったのでもしやりたい方はいらしてください(なお不便な模様)

ではでは
ラベル:将棋 チェス
posted by やぶこーじ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする