2017年03月03日

2016学生選手権1日目

お久しぶりです。修論のカタがついたやぶこーじです。

さて、2か月前の学生選手権の記事を今更書こうと思います。修論やらなんやらで書く時間が無かったので・・・(言い訳)
2か月前の話なのであまり覚えていませんが覚えている限り書いて行こうと思います。

会場は例年通り参宮橋の近くにあるオリンピックセンター。大学2年から出場した学生選手権も今回で終わりと思うと感慨深いものはありました。
ざっと対局を振り返ります。

1st Round - VS N君(ホワイトナイツ)


初戦はホワイトナイツのN君。ホワイトナイツは実力の読めない人が多いので早くも緊張。僕が黒番でQGAとなりましたがピースのポジションを間違え、不利に。

17.Nxe4まで
2016学生1Rポジション.jpg

ナイトとビショップ、黒はどちらで取るべきだったのか、よく考える必要がありました。
本譜は17...Nxe4としました。c3を押さえ、跳ぶチャンスもあるのでありではと思いましたが、これが緩手。b7のビショップを狙われるので、不安定になります。正解は17...Bxe4。Bの位置を改善し、b1を押さえるので白Rの動きの制限にもなっています。

不利になりましたが、白のブランダーを咎め、なんとか勝利。ミドルゲームにおいても弱点となるピースがないか、足元を見つめる重要性を学んだ1局でした。

2nd Round - VS るんば

・・・ついに当たってしまった。それが正直な感想でした。僕が白番で、オープニングでるんばの得意な形に持ち込まれ、その後何事も無くドロー。ルイロペスでNxe4→Nd6の形への対策を練らないとと思わされました。

3rd Round - VS H君(ホワイトナイツ)

3戦目の相手はH君。ホワイトナイツ所属で、将棋勢でもあります。タクティクスはかなり正確なので、読み負けしないように気を付けたい相手です。僕が黒番で、オープニングはクローズドシシリアン。中盤で対応を間違え、そこから一方的に攻められます。ずっと不利な局面のまま打開することが出来ず、負けました。
キャスリングが遅れていたこともあり、キャスリングのタイミングの大事さを思い知らされた一局となりました。

この地点で1.5/3.0。試合後に気付きましたが、なんと1日目はみんなホワイトナイツと当たっていました(笑)。そして次の相手はiちゃんこれまたホワイトナイツです。

2日目編へと続く
posted by やぶこーじ at 21:25| Comment(2) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
べ、別に得意な形では…
対局ありがとうございましたー!
Posted by るんば at 2017年03月03日 22:13
>るんば

あれ?そうなのか。前も同じ形でドローにされた記憶
次こそは倒すでー
Posted by やぶこーじ at 2017年03月06日 16:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: